fc2ブログ
03 | 2024/04 | 05
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

なる

Author:なる
錦華鳥飼い6年です。
『天水花鳥苑』(てんすいかちょうえん)名義で
錦華鳥グッズ作りにも手を出しはじめ。
頭がお花畑度上昇中の鳥ライフです。

飼い主の日常は『つれづれやな に』
にて「やな」名義で綴っております。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ご訪問

男子のギャ

2024.04.13 17:00|小鳥さんつれづれ
黒潮(くろしお)くんと俳太郎(ぱいたろう)。
ついうっかり隣同士になってしまった時のぎゃっをご覧に入れます。

060413-1.jpg

060413-2.jpg

060413-3.jpg
060413-4.jpg

060413-5.jpg
040613-6.jpg

060413-7.jpg


ここから進まないんですよ、我が家は。
流血沙汰にまではならない。
キンカが気が強いからそうなるお家もあると聞きますが。
良いラインで仲が良い、ありがたい状態だと思います。

しかし、この春2羽虹の橋へ送り出してとても寂しいです。
今14羽だけどすごく過疎ってる気になります。
感覚おかしいのかなぁ。



にほんブログ村 鳥ブログ 錦華鳥へ
にほんブログ村

野草開幕

2024.04.11 17:00|小鳥さんつれづれ
060411-1.jpg

先日の雨と大風で今年の桜はあっけなく終了フラグとなりましたが。
それと共に開幕したのが鳥さん大好き野草の季節。
まだ生えかけで少ししか集まらないけど、
提供してみました。

060411-2.jpg

集まってきます。

060411-3.jpg

覚えてるね。

060411-4.jpg

みんな目がキラキラしてます。

060411-5.jpg

下から攻める子も。
そうだ。足悪で飛べなかったむうたんも届くように
飼い主、野草の半分は折って下に垂らすようになったんだ。
もう習慣で癖になってますね。

060411-6.jpg

ん〜、良いお顔とかわいいアンヨ。

野草の季節の開幕は、鳥さんもウキウキですが
飼い主もかわいい姿が見られて本当にウキウキします。

なすびとぐりちゃんにももう一度食べさせてあげたかったな。



にほんブログ村 鳥ブログ 錦華鳥へ
にほんブログ村

遠慮はしない

2024.04.10 17:00|小鳥さんつれづれ
060410-1.jpg

もう一つ思い出写真。
なすびがりんごうまうましてたらみんな集まって来ました。

060410-2.jpg

060410-3.jpg

060410-4.jpg

弱ってるなすびに対しても遠慮のない白波ちゃん。
すっかりりんごを占領。

この遠慮のなさがとても好きです。

060410-6.jpg

ピンぼけしちゃってますが、ぐりちゃんも写ってます。
すっごく元気だったのに。
みんなで遊んでたのに。
この後突然のお別れが来るなんて想像もしなかったな。

貴重な瞬間だったって思い返すとわかるんですね。
切ないですね。


にほんブログ村 鳥ブログ 錦華鳥へ
にほんブログ村

りんご、美味しかった?

2024.04.09 17:00|小鳥さんつれづれ
先月はちょぼちょぼお写真撮ってたのですが、イベントの宣伝となすびとぐりちゃんのお見送りで一杯一杯でした。
改めてお写真見直してたら、なすびがりんごをうまうましてる場面が出てきました。

060409-1.jpg

060409-2.jpg

060409-3.jpg



ゴハン食べなかったのに、放鳥に試し参加させたらりんごに思いっきり食いついて。
りんご美味しいのね?食べれるのね?
毎日出すからね!って飼い主狂喜乱舞しました。

なすび。おなすって呼んでました。
君は本当にいっぱい頑張って。
飼い主に生きるってこういうことだよ!って全身で見せてくれたね。
飼い主はあなたのお世話係をさせてもらえて本当に幸せでした。



にほんブログ村 鳥ブログ 錦華鳥へ
にほんブログ村

カルミア小鳥の病院

2024.04.08 17:00|天水花鳥苑
060408-1.jpg

我が家がお世話になっている愛知県小牧市の「カルミア小鳥の病院」

こちらに「トリ継ぎ帳」を置かせていただいています。

060408-2.jpg

カルミアさんでは一部チャリティ販売を行なっています。
愛鳥との生活全般をサポートする「インコ協会」さんへ売り上げを寄付するという活動です。
「トリ継ぎ帳」を作成するにあたり、カルミアの先生を通じてインコ協会さんにもご意見を寄せていただきました。
そのお礼も兼ねて、カルミアさんで販売する分は全額インコ協会さんへ寄付することにしました。

注意いただきたいのは寄付はカルミアさんで販売する分のみ。
イベントその他で販売する分は、天水花鳥苑へ入ります。
せめて印刷代だけは回収せねば活動継続できないので、そこはご了承いただきたいです。

カルミア小鳥の病院へ通院していらっしゃる飼い主さんたち。
トリ継ぎ帳をぜひ手に取ってみてください。

先生曰く「うちに来る飼い主さんは、鳥さんがそれどころじゃないから。自分のもしもの時まで考えられないみたい」とおっしゃってました。
確かになぁ。病院に置くにはちょっと違ったかな?とも思いました。
でも、これからヒナヒナの時期だし。
健康診断などで来院された方とか。
手に取ってもらえないかなぁ。
インコ協会さんへのチャリティにもなるし。

060408-3.jpg

カルミアの先生は最近「みさととマロンの十三年」を出版されました。
鳥さんと生活するということはどういうことか。
かわいいこともあるけど辛いことあって。家族はどうやって鳥さんとの生活を全うするか。
とっても読みやすい楽しい文章ですが、とても大切なことを書かれています。
新しく鳥さんと迎えられた飼い主さんには全員に読んで欲しい。
そんな素敵な物語です。
こちらも超おすすめです。

カルミアさんへ行ったら、紙物もチェックしてみてくださいね。
よろしくお願いします。

060408-4.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ 錦華鳥へ
にほんブログ村